新規・日本語ドメインとオールドドメインそれぞれの違いとSEO効果

 

新規ドメイン、日本語ドメイン、オールドドメイン(中古ドメイン)

 

それぞれの違いとSEO効果について解説していきます。

 

新規・日本語ドメインとオールドドメインそれぞれの違い

 

ドメインは大きく分けて新規ドメイン、日本語ドメイン、

 

オールドドメインの3種類に分けられます。

 

それぞれにドメインの特徴があるので、それぞれどういった

 

ものなのか確認しておきましょう。

 

新規ドメインとは

 

新規ドメインとは、そのままの意味で新規で自分の

 

好きな文字列で取得するドメインのことをいいます。

 

 

他の方が既に同じ文字列でドメインを

 

取得していなければ、好きな文字列でドメインを取得することができます。

 

新規ドメインのSEOの面での特徴として、3ヶ月~6ヶ月は

 

サイトのパワーが弱く、上位表示がされにくいというのがあります。

 

ですので、新規ドメインで立ち上げたサイトやブログは、

 

数ヶ月はアクセスが集まりにくく育つまでじっくりと待た

 

ないといけないというデメリットがあります。

 

新規ドメインを取得する場合は、じっくりと

 

育てたいブログやサイトを作るときが良いですね。

日本語ドメインとは

 

日本語ドメインとは、ドメインの中に日本語が含まれて

 

いるドメインのことをいいます。

 

例えば、

 

物販アフィリエイト.com

 

のようなドメインですね。

 

日本語ドメインも新規で取得するものなので、

 

一応新規ドメインにも含まれます。

 

ただし、たまに日本語ドメインは過去に誰かが取得

 

していてオールドドメインとなっていて、知らずに

 

オールドドメインを取得している場合があるので注意が必要です。

 

取得前にオールドドメインかどうかチェックすると安心です。

 

日本語ドメインも新規ドメインに含まれるので、

 

3ヶ月~6ヶ月は上位表示されづらくアクセスも

 

集まりにくいという特徴があります。

 

しかし、日本語ドメインは、ドメインに日本語が

 

含まれているので検索の時に引っかかりやすいで

 

すし、どんなサイトなのか分かりやすいという

 

メリットがありSEO効果が期待できます。

 

物販アフィリエイトでは日本語ドメインは良く使います。

 

例えば、酵素ドリンクランキング.comだとパッと見で酵素ドリンクの

 

ランキングサイトだと分かるので、クリックもされやすいです。

 

うまく日本語ドメインは活用していくと良いですね。

オールドドメインとは

 

オールドドメイン、もしくは中古ドメインは、期限が

 

過ぎた所有者のいなくなったドメインのことをいいます。

 

このオールドドメインは以前使われていた時のドメインの

 

性質やパワーを保ったままでまた使用することができるので、

 

SEO効果が高いと言われています。

 

オールドドメインはそもそものドメインパワーがあるので、

 

インデックスが早く上位表示もすぐにされやすいという多くのメリットがあります。

 

最近では、オールドドメインはSEO効果がないと言われてはいますが、

 

まだ効果は大きいので稼いでいる方は皆使っています。

 

稼ぐための裏ワザといってもいいようなものですね。

 

オールドドメインは強力ではあるのですが、当たりハズレがあり

 

全てのオールドドメインが良いというわけではありません。

 

中には悪質な運営をしていたサイトのドメインはペナルティ

 

を受けていたり、マイナスなパワーを持っているものもある

 

ので、そういったオールドドメインを使用してしまったら

 

逆効果にもなります。

 

オールドドメインを使いこなすには最初はちょっと難しい

 

かもしれませんが、使いこなせるようになったら非常に強力

 

な武器となるので、是非使っていくと良いです。

まとめ

 

新規ドメイン、日本語ドメイン、オールドドメインはそれぞれ

 

特徴やSEO効果の違いが違うので、うまく使い分けていくと良いです。

 

特に、オールドドメインは使えるようになると稼げるスピード

 

が格段に上がるので、是非使いこなせるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です