発リンクをnofollowタグで減らすとSEO効果はあるの?

 

発リンクをnofollowタグで減らすことはSEO効果があるともないとも言われていますが、

 

実際のところどうなのでしょうか?

発リンクとは

 

発リンクとは、自分のサイトから外部のサイトに貼られたリンクのことを指します。

 

物販アフィリエイトでいう、商品のアフィリエイトリンクや、

 

サテライトサイトから送る被リンクも発リンクですね。

 

物販アフィリエイトをやっていると発リンクは常にしていかなければなら

 

ないことなので、発リンクの特性について理解を深めていくことが必要になってきます。

発リンクはnofollowタグをつけた方が良い?

 

発リンクの特性として、発リンクを行うとそのサイトのパワーをリンク先に渡す形になります。

 

発リンクをしてしまうと自身のサイトのパワーが減ってしまうので、

 

発リンクはSEO的にはもったいないと言われています。

 

そのため、内部リンク以外では極力発リンクを抑えた方が良いです。

 

ですが、物販アフィリエイトをやっていく上ではアフィリエイトリンクを

 

載せるなど、必ず外部リンクを張る必要があります。

 

そういった時に、相手のサイトにパワーを与えない方法があります。

 

それはnofollow(ノーフォロー)タグを使う方法です。

 

元々nofollowタグは有害なサイトにパワーを与えないようにするために使うコードです。

 

悪質なサイトに自分のサイトからパワーを与えて、上位表示させてしまうのを防ぐためですね

このnofollowタグをリンクに組み込んであげることによって、相手のサイトにパワー

 

を与えないことができるんです。

 

リンクコードの最後に「rel=”nofollow”」を付けたしてあげるだけで、

 

nofollow属性のリンクにすることができます。

 

サイトパワーを与えないことで、上位表示されやすくなる効果も見込めるので、

 

外部リンクにはnofollowタグは組み込んでおいた方が良いですね。

 

発リンクの数や、nofollow属性の確認はSEOチェキで見ることができるので、

 

一度確認してみると良いです。

 

nofollowタグを使うことによって、サイトパワーを与えるのを防ぐことは

 

できますが、だからといって発リンクを多くするのは避けた方が良いです。

発リンクが多すぎるとペナルティを受けやすくなる?

 

多くの人が知っていることではあると思いますが発リンクが多すぎるとペナルティを

 

受けやすくなります。

 

僕自身、実験としてアフィリエイトリンクや外部リンクを多く張ってみたら、

 

そのサイトはペナルティを受けて飛ばされたことがあります。

 

そのため、発リンクはやたらめったらするのは危険なので、

 

できるだけ発リンクは抑えるのが良いです。

 

商標名のサイトは発リンクはあまり多くなくて済むと思いますが、

 

ランキングサイトなどだとアフィリエイトリンクが

 

多くなってしまうことがあると思います。

 

そういう時は、商品のまとめページを作るなどしてアフィリエイトリンク

 

の数を抑えるのも効果的ですね。

まとめ

 

発リンクをする時は、nofollowタグでサイトパワーを相手サイトに与えないこと、

 

発リンクを多くし過ぎないことが大事です。

 

この2点を意識して発リンクをするようにすれば、

 

SEO的にも良い効果が現れる可能性はあるかなと思います。

 

あまり、発リンクに関しては気にしていない方が多いですが、軽視できない部分だと思うので、

 

気にしていなかった方は一度試してみるといいかもしれませんね。

 

発リンクをしすぎてペナルティをくらわないように多すぎたら減らすことは

 

必ずした方がいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です