ぶっちゃけホワイトとブラックSEO対策的にはどっちが効果ありなの?

 

ホワイトハットの時代だとかブラックハットはまだ効果的だとか色々巷では論争が

 

ありますが、ぶっちゃけどっちがSEO的に今の時代良いんでしょうか?

 

ホワイトハットとブラックハットSEO的にどっちの時代?

 

自作自演の被リンクを送って上位表示を目指すブラックハットと、

 

被リンクを送らずコンテンツのみで上位表示を目指すホワイトハット

 

の2パターンにSEO対策は大きく分けられます。

 

今の時代はグーグルはコンテンツを重視していて、ブラックハット

 

の時代は終わった、今からはホワイトハットの時代だと巷では言われています。

 

しかし、一方では被リンクはまだ効果的であってブラックハット

 

で上位表示させた方が良いという声もあります。

 

どちらがSEO的に現代では有効的なのかと混乱してしまいそうですが、結論をいうと、

 

ホワイトハットもブラックハットもどちらも上位表示を目指せます

 

どちらのSEO対策でサイトを構築していっても良いのですが、

 

ホワイトハットとブラックハットはそれぞれメリットとデメリット

 

があるので、それぞれの特性を考えながら使い分けていく必要があります。

 

ホワイトハットのメリットとデメリット

 

ホワイトハットのメリットとしては、完全にコンテンツ勝負なの

 

グーグルからペナルティを受ける可能性が非常に低いです。

 

しっかりとしたコンテンツを作っていき、アクセスを見込めるよ

 

うであれば、安定的に資産として稼ぎ続けることができます。

 

ペナルティを恐れる心配が少なくなるので、一度仕組みを作って

 

しまえば一安心することができます。

 

しかし、デメリットとして、上位表示までに時間がかかってしまいます

 

新規で立ち上げるサイトは3ヶ月~6ヶ月は少なくとも順位が伸びず

 

アクセスも見込めない可能性が高いです。

 

また、ホワイトハットの場合、1つのサイトを作り込んでいくため、

 

ジャンル選定や商品選定など初期段階で選択ミスをしてしまえば、

 

かなりの時間を無駄にしてしまうことがあります。

 

特に初心者の場合だと、どうやれば売れるというのがあまり分かっていないので、

 

時間のかかるホワイトハットはリスクが高いと言えます。

 

ブラックハットのメリットとデメリット

 

ブラックハットのメリットは上位表示までを短期間に

 

縮めることができるということです。

 

被リンクを送ることによって、順位が上がるスピードが加速し、

 

収益を短期間で上げることが可能です。

 

オールドドメインを使ったブラックハットを積極的にやっていけば、

 

大きな金額を3ヶ月程度で稼ぐことも可能になります。

 

被リンクは効果がなくなってきたと言われていますが、

 

被リンクは明らかに今でも効果があるので、

 

まだまだ使っていける戦略です。

 

特にオールドドメインからの被リンクは今でも強力です。

 

デメリットとしては、やはりグーグルのペナルティを受けやすくなるということです。

 

ブラックハットで構築していったサイト群が芋づる形式で

 

一気に順位を落とすということもあるので、リスクが少し高い面があります。

ホワイトハットもブラックハットも一長一短

 

上記のように、ホワイトハットとブラックハットのどちらで

 

戦略を立てていってもいいですが、どちらも一長一短です。

 

ですので、ホワイトハットとブラックハットの2パターン

 

のサイトを作っていって、リスク分散をしていくのが良いですね。

 

ブラックハットでまず収益が出るキーワードや商品を探し、

 

ホワイトハットでもう一度作っていくのもいいかもしれません。

 

SEO対策はどれが正しいかはグーグルにしか分かりませんので、

 

色々なパターンを試していくことが大事です。

 

巷の噂とは違うことをすれば、意外と上位表示されることは

 

よくあることなので、変に固い頭にならずSEO戦略をしていくと良いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です